2017年05月25日

園歯科医より

本日、園児の歯科検診を担当した園歯科医師の千葉栄一です。

本園の園児の虫歯(う蝕)罹患率は今回も低く、
また哺乳瓶のよる広範囲の虫歯も数人のみでした。
これもひとえに保護者による「仕上げ磨き」の実践のたまものと思っております。

ちなみに、お子様が自ら歯を磨く「自分磨き」は、4歳くらいから、親による「仕上げ磨き」
を終了する時期は、10歳くらいとされています。
一つの目安として参考にしてください。
posted by ☆やちよ ようちえん☆ at 16:44| お知らせ